2017年度 組織と材質研究会秋季シンポジウム・樹木年輪研究会



       日時  2017年 11月 18日(土)〜 20日(月)
       場所  名古屋工業大学
交通アクセス
       主催  日本木材学会 組織と材質研究会・日本樹木年輪研究会


(2017.11.11更新)
(2017.10.24更新)
(2017.10.6更新)
(2017.9.26更新)
(2017.9.13更新)
(2017.9.6更新)
(2017.9.6開設)

・プログラム(最終版)を公開しました

 プログラム(最終版)を公開しました。


 当日の予定

   11月18日(土)
    13:00-17:00 樹木年輪研究会・組織と材質研究会合同シンポジウム
           「大気水環境の変動が年輪として記録されるまで」(開催案内)。
    17:30-19:30 懇親会

   11月19日(日)
    10:30-12:00 ポスター発表コアタイム(「樹木年輪」研究会)
    13:00-15:10 口頭発表(「樹木年輪」研究会)
    15:30-16:00 日本樹木年輪研究会総会

   11月20日(月)
    10:00-12:00 エクスカーション 東京大学生態水文学研究所赤津研究林(愛知県瀬戸市)
    13:00-15:00 「成長錐コア自動採取装置」講習会 同研究林内


 会場キャンパスマップ):
   11月18日(土) 合同シンポジウム:2号館1階0211講義室(正門入って正面)
           懇親会:校友会館1階「カフェ・サラ」(正門入ってすぐ右折)
   11月19日(日) ポスター発表:4号館1階ホワイエ
           口頭発表:4号館2階会議室3



・発表方法について

口頭発表
 発表時間は20分または30分です。20分の場合は発表15分質疑5分、30分の場合は発表25分質疑5分を目安にして下さい。
 発表用のコンピュータはご持参下さい。プロジェクタはHDMI非対応です。

ポスター発表
 掲示のスペースは、横90cm×縦153cmです(ただし、下の方は低すぎて見にくいです)。
 当日午前10:00-10:30の間に掲出し、午後4:00までに撤去して下さい。
 掲出用の押しピンはこちらでご用意します。



・「成長錐コア自動採取装置」講習会のお知らせ

 11月20日(月)のエクスカーション後に、標記講習会を森林総研の香川さんに実施していただけることになりました。 エクスカーションに参加の場合、この講習会への参加の有無も参加登録メールにご記入下さい。(以下案内)

 森林総合研究所が開発した装置による成長錐コア(φ5mm、φ12mm)採取のデモを、
生木の針葉樹(テーダマツかアカマツを予定)および広葉樹(コナラを予定)で行います。
【日時】2017年11月20日、午前中のエクスカーション終了後(要昼食持参)、
    13:00−15:00頃を予定
【場所】:東京大学生態水文学研究所赤津研究林(愛知県瀬戸市)
    帰りは、タクシーか、参加者の車により最寄り駅(尾張瀬戸)まで送っていく予定です。
    演習林近くには、レストラン・コンビニは無いのでご注意下さい。

 成長錐コア自動採取装置によるコア採取動画はこちら
(国内転送可・海外へのリンクの転送はご遠慮ください)

 φ5mmコア採取装置(6.0kg、電動レンチ込、成長錐は除く)約80万円
 φ12mmコア採取装置(9.5kg、電動レンチ込、成長錐は除く)約90万円
 装置に関するお問い合わせは、香川聡(akagawaあffpri.affrc.go.jp(あを半角@に置換))まで。

 なお、11月19-20日の「樹木年輪」研究会・組織と材質研究会開催中も、
丸太(アカマツ・クリを予定)から成長錐コアを装置で採取するデモを開催する予定です。



・参加登録を開始しました

 参加登録方法をご参照の上、お申し込み下さい。

    ポスター発表申込期限:10月31日(火)(締め切りました)
    発表要旨提出期限:10月31日(火)
    参加登録期限(懇親会・エクスカーション):締め切りました

※ 聴講のみの参加は当日受付も可能ですが、収支見通しと要旨集印刷部数を把握したいので、予定が決まり次第できるだけ早くお申し込みいただければ幸いです(合同シンポジウム、樹木年輪研究会ともに)。

    参加費:一般2,000円、学生無料(要旨集代を含む)
          1日目(11月18日合同シンポジウム)、2日目(11月19日樹木年輪研究会)
          のどちらか一方のみに参加の場合は、一般1,000円、学生無料
    懇親会参加費:一般5,000円、学生2,000円
    エクスカーション参加費:タクシー利用の場合1,500円、現地集合の場合500円



・発表要旨の作成について

 要旨フォームをダウンロードし、1ページで作成して下さい。

 要旨はPDFファイルに変換し、10月31日(火)までにメールで事務局showあnitech.ac.jp(あを半角@に置換)宛にお送り下さい。メールは「発表要旨提出」から始まるタイトルにして下さい。



・エクスカーションについて

 見学先:東京大学 大学院農学生命科学研究科 生態水文学研究所 赤津研究林(アクセス

 集合日時:11月20日(月)9:30 名鉄瀬戸線 尾張瀬戸駅 改札口付近(現地集合の場合は9:50)
      13:00頃 尾張瀬戸駅にて解散予定(現地集合の方は現地で解散)

 尾張瀬戸駅までの交通手段:
    (JR中央線) 名古屋8:21発→鶴舞8:29発→大曽根8:34着(乗り換え)
           名古屋8:30発→鶴舞8:38発→大曽根8:43着(乗り換え)
           名古屋8:35発→鶴舞8:43発→大曽根8:48着(乗り換え)
    (名鉄瀬戸線)栄町8:37発→大曽根8:46発→尾張瀬戸9:14着
           栄町8:47発→大曽根8:56発→尾張瀬戸9:24着

※ 現地までの公共交通機関が無いため、尾張瀬戸駅からタクシーに分乗して移動する予定です。 タクシーを利用せずに自力で現地まで移動する予定の方は、その旨を参加申込メールに記入して下さい。
※ 尾張瀬戸駅までの交通費は各自でご負担下さい(大曽根−尾張瀬戸 片道400円)。